トップページ > 永井孝アスリートジャパン


永井孝アスリートジャパン

永井孝アスリートジャパンとは

永井孝アスリートジャパンでは、以下の活動を行っています。

1.倉敷オープン大会終了後の合宿や遠征を行う。
2.他県で、体育館が取れた時には、近県のクラブへ連絡をとり、合宿指導を行う。
3.永井自身が、他県のクラブへと出向き、指導や講習会を行う。
4.中学生になってから始めた選手による 中学生の地域内交流大会を開催する。
(全国各地の中学校顧問の先生方と、タイアップし交流大会を開催していきます)
※ジュニア育ち(小学生・幼稚園から習っている)の選手達と、
 同じ中学生の大会に参加しなくてはいけない。
 高校生になって、他種目を選ぶ引き金となっている。
※これにより、高校生になっても、バドミントンを辞めずに続けてくれる事を期待します。

指導料金

>> ジュニア指導料金(小学生・中学生・高校生)
※料金には、必要経費(旅費・宿泊費)が含まれておりません。
 必要経費につきましては、お問い合わせください。
 お問い合わせは、こちらです。
2時間 3時間 4時間 5時間 6時間 7時間 8時間
16,000円 24,000円 30,000円 36,000円 42,000円 52,000円 58,000円

>> レディース・一般料金(大学生・大人)
2時間 3時間 4時間
6,000円 8,000円 10,000円

永井孝プロフィール

>> 永井 孝(ながい たかし) 1953年12月16日生まれ
 福岡県八幡区出身(小学5年生で岡山県倉敷市に移転)
 倉敷市福田中学校→岡山県立水島工業高校を卒業後、実業団の川ア製鉄水島(現JFE倉敷)
 入社。10年間キャプテンとして、中国実業団10年連続優勝に導く。
 平成元年、退社し【永井バドミントンクラブ】を設立。小学生低学年〜中・高・一般・レディースと数多く
(300名)のクラブ員を抱える、マンモスクラブとなる。

>> 主な受賞歴など
若葉カップ 全国小学生バドミントンクラブ対抗団体戦20周年記念・最優秀監督賞受賞
1993年〜2003年 日本小学生バドミントン連盟・初代強化部長を歴任
2007年 第24回全日本シニア選手権大会 50歳シングルス第3位
(世界選手権出場権獲得)
2010年 第3回社会人クラブ選手権大会 55歳シングルス優勝
2010年 第27回全日本シニア選手権大会 55歳ダブルス優勝
2012年 日本小学生バドミントン連盟20周年記念表彰にて、功労賞・最優秀監督賞受賞

>> 著書・出版物
DVD出版 永井孝のバドミントンレベルアップ矯正法 ※ 他4回の出版(ジャパンライム社)
 ジャパンライムのホームページへ
雑誌 バドミントンマガジン 2014年6月号にて、バドミントンの
 伝道師として紹介

主な永井バドミントンクラブ出身の選手

>> 佐伯浩一(NTT東日本)

年度 大会名 種類 順位
平成13年 JOCジュニアオリンピックカップ
 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
シングルス  優勝
ダブルス  優勝
平成13年 全国高等学校総合体育大会(インターハイ) シングルス  3位
ダブルス  準優勝
平成17年 全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ) シングルス  優勝
平成17年 全日本総合バドミントン選手権大会 シングルス  3位
2006年 日本にて開催された、トマス杯に日本代表選手として出場

>> 中尾祐介(日立情報通信エンジニアリング)

年度 大会名 種類 順位
平成14年 JOCジュニアオリンピックカップ
 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
ダブルス  優勝
平成15年 JOCジュニアオリンピックカップ
 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
ダブルス  優勝
平成15年 全国高等学校総合体育大会(インターハイ) ダブルス  優勝

>> 浅原さゆり(日本ユニシス)

年度 大会名 種類 順位
平成14年 全国高等学校総合体育大会(インターハイ) ダブルス  3位
平成15年 JOCジュニアオリンピックカップ
 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
ダブルス  準優勝
平成18年 全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ) ダブルス  優勝

>> 田村 潤(東海興業)

年度 大会名 種類 順位
平成13年 全国中学生バドミントン選手権大会 シングルス  3位
平成16年 JOCジュニアオリンピックカップ
 全日本ジュニア選手権大会
シングルス  3位

>> 佐伯祐行(日本ユニシス)

年度 大会名 種類 順位
平成10年 全国小学生バドミントン選手権大会 シングルス  優勝
平成11年 全国小学生バドミントン選手権大会 シングルス  優勝
平成14年 全国中学生バドミントン選手権大会 シングルス  優勝
平成17年 全国高等学校選抜バドミントン選手権大会 シングルス  優勝
平成17年 全国高等学校総合体育大会(インターハイ) シングルス  優勝
平成17年 JOCジュニアオリンピックカップ
 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
シングルス  優勝
平成21年 全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ) ダブルス  優勝
平成24年 ヨネックスオープンジャパン ダブルス  3位
平成25年 オーストリア国際チャレンンジ ダブルス  優勝

>> 全日本レディース

年度 大会名 順位
平成18年 第24回全日本レディースバドミントン選手権大会クラブ対抗  優勝

永井バドミントンクラブ 全国制覇


>> 若葉カップ全国小学生バドミントン大会

■ 男子
順位 獲得回数
 優勝 2回 
 準優勝 2回 
 3位 5回 
      5位 1回 
■ 女子
順位 獲得回数
 優勝 1回 
 3位 1回 
      5位 4回